自民党★内田みほこの活動報告 

自民党神奈川県議会議員の内田美保子(みほこ)のブログです。日々の活動内容や雑感を日記風にお伝えします。
<< 神奈川県立がんセンター 重粒子線治療装置施設 開棟式典 | main | 夏祭り終盤 ご報告 つづき >>
神奈川県心身障害児者福祉促進大会に出席
土曜日は、二俣川の県立がんセンターの重粒子線治療装置導入の開頭式典に出席の後、今度は中区の桜木町駅前にある横浜市健康福祉総合センター4階ホールにて開かれていた神奈川県心身障害児者福祉促進大会に厚生常任委員長の公務として出席しました。

神奈川県内の障害別親の会組織の連合体である
「神奈川県心身障害児者父母の会連盟」は、
12団体の加盟によって成り立っている連盟です。


この日は、式典冒頭で会場にお集まりの保護者の方々やご関係者を前に、県の厚生常任委員長としてご挨拶させていただきました。親亡き後の、障害をもつ子どもの将来を案じている保護者の方が殆どです。心配を少しでもなくしていくために、あらゆる手立てを模索し、系統だって実現していかなくてはならない長い道のりが予想されるのであります。

最近では、「成年後見制度」など、行政書士や司法書士の手を借りて、障害のもった子どもが親亡き後も幸せに長生きできるよう、昔に比べて相続や遺言といった面では、少しは前進はみられると思います。そうはいっても、実際に障害を持ったお子さんがどのように暮らしていけるか、本当に不安だと思います。

まだまだ、道半ばではありますから、

ともに頑張っていかなくてはなりません!


※下記は加盟している団体と会員数です 会員数は変動はあります

・神奈川県 手をつなぐ会(知的障害児・者)約2000名
・神奈川県 肢体不自由児者父母の会連合会 約950名
・神奈川県 重症心身障害児者を守る会 約250名
・神奈川県 筋ジストロフィー協会 約110名
・神奈川県 自閉症児者親の会連合会  約427名
・全国心臓病の子どもを守る会 神奈川総支部 約400名
・神奈川県 言語障害児を持つ親の会  約251名
・神奈川県 ヘモフィリア友の会(血友病) 約130名
・神奈川県 視覚障害児を持つ親の会(約40名)
・神奈川県聴覚障害者親の会(約50名)
・先天性四肢障害児父母の会 神奈川支部(131名)
・日本二分脊椎症協会 神奈川支部(約132名)


DSCN2455.JPGDSCN2454.JPGDSCN2456.JPGDSCN2457.JPGDSCN2458.JPGDSCN2459.JPGDSCN2460.JPGDSCN2462.JPGDSCN2463.JPGDSCN2464.JPGDSCN2465.JPGDSCN2466.JPGDSCN2467.JPGDSCN2468.JPG

神奈川県心身障害児父母の会連盟の代表幹事は私と同じ苗字の内田照雄氏です。
父母連絡情報という冊子には、平成28年度県予算要望に係る懇談会概要が掲載されていました。
県や国に対する要望は多々ありましたが、県に対しては57件ありました。

障害者団体や父母の会からの要望の内容は下記の事項のことなど、多岐にわたりますが、どれも死活問題です!!

内容をみると、要望事項では

施設整備、緊急一時入所、障害者の高齢化に対する支援制度、居住支援、福祉・医療サービス安心ネットの構築、日常生活用具について(洗腸用具やストーマ装具などの排泄管理支援用具などは給付・貸与することは国・市で可能。県としては市町村に対して情報提供する)、カウンセリングなど相談体制の充実、日中活動支援、報酬改定に伴う支援、権利擁護と啓発について、バリアフリーの推進について、専門医療体制の確立、医療費助成(例えば、「膀胱直腸障害3級・4級についても医療費助成の対象としてください」といったこと等。多々あります。
そのほか、障害児の方の「教育」に関してや通学支援、そして障害児への理解促進啓発活動や就労に関しても要望はたくさん検討され、要望されています。
| mihokouchida | - | 22:00 | comments(0) | - | - | -









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>